平和園の秘密

地元産の新鮮な食材 >>

全国有数規模の食肉検査センター 「北海道畜産公社 十勝工場」

全国有数規模の食肉検査センター

食肉価格を安定させ、新鮮で安全な食肉を消費地へ送るために設立されたのが「北海道畜産公社十勝工場 十勝総合食肉流通センターです」。 屠蓄数では東京の芝浦、大阪の南港に次いで全国3番目といわれ、北海道十勝の美味しいお肉が地元や全国へ出荷されます。

平和園の肉のおいしい秘けつは食肉の大部分をその地元産の新鮮な食材でまかなっているからです。

このページの先頭へ

味付けのこだわり >>

昔ながらの「一丁付け」

平和園では肉の味付けをお客様からご注文を受けてからその数量分だけのタレを調合し、そして肉に味付けをしています。昔はこのような「一丁付け」と呼ばれる方法で味付けをしている店も沢山ありましたが、手間がかかると言うことで今ではほとんど見かけません。

しかし、平和園ではその味付けにこだわります。なぜなら肉の持っている素材そのものの味をもっとも大切にできる方法ではないかと確信するからです。そしてその根底にはお客様においしい焼き肉を食べていただきたいと思っているからです

このページの先頭へ

元祖手切りジンギスカン >>

平和園は日本で初めて焼肉スタイルのジンギスカンを提供しました。良質の羊を1頭毎仕入し、創業以来1枚1枚包丁で削ぎ切りしています。

この永年の努力を認められ、平成23年第1回ジンギスカン普及賞において奨励賞を受賞しております。

このページの先頭へ