沖縄研修旅行レポート   2005-9-21

皆さんこんにちは。
平和園の桜庭です。

12日から4日間、沖縄への研修旅行があり、今月は第3班が行って来ました。
研修旅行は2年に1度あり、前回から店を休まずに行く為、毎回各店から数名ずつの参加となります。
第3班となる今月は、十勝地区より3名、札幌地区より10名(内2人はお子さん)が参加しました。
今回僕の同期であるT氏が参加していたのでレポートをお願いしました。
いろいろと前の2班には無い事件が起こったようです。


大半の皆様、はじめまして。
そして一部の皆様、こんにちは。
平和園のあちこちに出現するもやし兄ちゃんことTです。

実は私、某桜庭氏を差し置いて一足先に沖縄研修旅行に行って参りました。
と、簡単には言うものの、平和園一のトラブルメーカーが行った以上、ただでは済んでおりません。

さて3泊4日の研修旅行、かいつまんでスケジュールを説明しますと、

1日目 帯広/札幌から沖縄へ。ホテルでの夕食で合流。
2日目 1日自由行動
3日目 バスで観光地巡り。夜はディナークルーズ。
4日目 午後の飛行機で帯広/札幌へ。

というスケジュールでした。

<1日目>

帯広出発のメンバーは、那覇まで行くのに羽田空港で乗り継ぎをしなければなりません。
(帯広から直行便が無いので。札幌は新千歳から直行便があります)
ところが、そこは田舎者。乗り継ぎの仕方を知らずに、なんと羽田で降りたのです!
当然乗り継ぎの那覇行きには乗れず、スケジュールは滅茶苦茶。
最終的には次の那覇行き(機体整備で1時間以上送れて出発)に乗れたものの、
札幌組の上司にはガッツリと怒られるし、今回の団長役だったY氏(帯広組)は落ち込んでるし…。
まあ、羽田の第2ターミナルも見れたし、スープストックトーキョーのスープが飲めたし、いいんでない?

ちなみに、この『飛行機乗り遅れ事件』はその日のうちに帯広へ伝わり、話に尾ひれがつき
いつの間にか帯広組3人は「晩飯抜き」、「外出禁止」になっていたらしい…。
実際はちゃんと中華のコース料理を食べた後、外灯も無い暗い道を当ても無くうろうろとしてましたが…。


<2日目>

本命?の一日自由行動。
ホントに好き勝手に動ける日はこの日だけ! となると、フツーのヒトは
「ちゅら海水族館」とか「なんとかビーチ」とか目玉の観光地を目指して動くのですがそこはひねくれモノ。
行ったところは「玉城城跡」、「垣花樋川」、「知念城跡」、それから本島南端の東海岸などという
いわゆる観光地とは一線を隠したところを目指して、しかも一人でバスに乗り、着いてからも
炎天下を5時間近く歩き通し…。
しかも垣花樋川では、あまりに水がきれいで水の中を撮影しようと目論んだ末、4年間愛用してきた
デジタルカメラ(ミ○ルタ製)を落として哀れ溺死…
那覇へ戻ろうとバスを待っていたら、行き先が反対だとバスの運転手に言われ、
反対側で待つこと20分、来たバスの運転手は…あれ、さっきのヒト?(笑)

夜、ホテルに戻ってから同室のO氏と居酒屋に繰り出した所、よく見ると奥の座敷に
札幌組の面々(しかも既に出来上がっている)が…。
捕まったらヤバイ、と思い、早々に会計を済ませて…と思っていたら、捕まりました。(笑)
結局、閉店まで店にいることに。もともとお酒を飲めない私が泡盛(43度)100cc一気飲みなんて
耐えられませんので、風邪気味で具合が悪かったことも手伝ってトイレに行って(逃げて)からは
ずっと部屋の外に。
おかげでO氏からは「Tさん、逃げましたよね」とその後幾度となく言われることに…許して〜(笑)


……さて、ハプニング連続の研修レポートですが、1回では書ききれませんので今日はここまで。
続きの3日目、4日目は明日ご報告します。お楽しみに!

TrackBack

http://www.heiwaen.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9

コメント

海外けんしゅうじゃないんじゃないですかっほらふきだぁみて損したよ平和園で、友達ぶちぎれて帰ってきたんだよっ最悪

投稿者 ナナミ : 2005年9月30日 04:01

>ナナミ 様

コメント頂きありがとうございました。
研修旅行は前回まで海外に行っておりましたが、前回から店を休まずに少人数に分かれ、添乗員無しで行くことになりました。
その結果参加人数が大幅に減ってしまい、会社行事として不満の残るものとなったため、今回は参加しやすい国内で、ということになりました。

ブログの内容はあまり研修ぽく無いかも知れませんが、指定の飲食店での飲食レポートの提出を義務付けていますし、その他にもそれぞれ自分で調べた飲食店で食事をしています。
私たちは他店へ行って店を見、食事をすることが勉強になると考えています。お客様の立場で店を見ることでサービスや料理の良い店、悪い点など見ることができると考えているからです。

私たちもこのように勉強をしてはおりますが、この度お友達が大変不愉快な思いをなさったとのことでとても申し訳なく思います。今後もより一層お客様に満足していただける様に努力していきますので、また何かございましたら遠慮なくご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

投稿者 桜庭俊幸 : 2005年10月 3日 18:48

コメントしてください





メニュー

カレンダー

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31